Artist Ralphy Santi / ラルフィ・サンティ
Title Homenaje Al Bailador / オメナヘ・アル・バイラドール
品番 UR111
CD情報 2012年(輸入盤/Muziq Records)
ジャンル サルサ
価格 1700円(税込み)

     (収録曲)
  1. Ansias - Canta: Paquito Guzman
  2. ♪Puerto Rico, Colombia Un Son - Canta: Hector Tricoche
  3. ♪El Lunar - Canta: Ray Sepulveda
  4. Yo No Se - Canta: Eddie Melendez
  5. ♪El Chivo - Canta: Moncho Rivera
  6. Tiempo De Ayer - Canta: Tito Allen
  7. ♪Sin Clave Y Bongo No Hay Son - Canta: Choco Orta
  8. Triste Realidad - Canta: Chuito Dejesus
  9. Cosas De La Vida - Canta: Eddie Melendez
  10. Ese Palo Tiene Jutia - Canta: Nelson "El Varon" Cordero
  11. Oye Mi Cantar - Canta: Eddie Melendez
こちらは完売致しました。ありがとうございます。ソン・テイストな"味わいサルサ"! そして豪華ボーカル陣!
プエルト・リコ-NYの熟練ボンゴ奏者ラルフィ・サンティ率いるグループの渋〜い新作、匠の演奏をバックにサルサ界を代表する名ボーカリスト達が様々な個性で歌い上げています。
演奏は昔ながらのシンプルな音で、情感のあるトランペット、繰り返されるモントゥーノリズムが癖になるトレスやピアノ、それに合わさる厚いコーラス・・・ 90年後半サルサ界1番の人気を誇った初期のジョニー・ポランコなどを思い出す方も多いのではないでしょうか。 この匠の演奏をバックに歌うは、サルサ界を代表する実力派のボーカリスト達。 個性派のパキート・グスマンに始まり、エクトリ・トリコーチェ、レイ・セプルベダ、ティト・アジェン、チョコ・オルタ・・・など。中でもレイ・セプルベダ、ティト・アジェン等は最も新作が待ち望まれる歌手ではないでしょうか。なぜかまったく新作を作りませんのでここで最新の録音がきけるのは嬉しいです。
これだけの豪華メンバーで、今の時代にこんなに渋いアルバムを作るなんて・・ 味わって聴きたいお薦めアルバムです。


(ジワジワ良さの伝わるタイプの曲ですので出来れば最後まで続けて聴いてみて下さい。)