Artist Dorance Lorza & Sexteto Cafe / ドランセ・ロルサ &セステート・カフェ
Title 10 Years Of Salsa
品番 UD056
CD情報 2008年(輸入盤/International SLIC)
ジャンル サルサ
価格 1900円(税込み)

     (収録曲)
  1. El Chontaduro Y Borojo 4:17
  2. El Titere 3:08
  3. Verdad Amarga 4:24
  4. ♪La Runidera 4:36
  5. Once Upon A Time...There Was A Story 5:41
  6. Guaguanco En Mi Barrio 3:41
  7. Arriving At 9# 3:53
  8. ♪Mango Mangue 4:36
  9. Step One 4:25
  10. ♪El Negro Bembon 5:04
  11. Mambo City 4:43
  12. Sabroso 5:11
  13. Lullaby For A Queen 5:56
  14. La Chica De La Minifalda 4:01
  15. ♪Circles Of Time 5:14
  16. El Gloton 4:01
フルーコ、ロス・ティタネスなどコロンビアの有名楽団のプレイヤー、アレンジャーとして活躍していたヴィブラフォンの名手ドランセ・ロルサがロンドンへ移住し結成したのが、この「セステート・カフェ」。本作はグループ結成当初の95年〜2000年代半ばまでの約10年間の代表音源をまとめたベスト盤です。
ジョー・クーバ、ニュースウィング・セステートあたりを彷彿させるオールドスクールなサウンドが基調となっており主役はもちろんヴィブラフォン! ボーカル曲でもヴィブラフォン・ソロがたっぷり入り、またダンスフロアを意識した大変踊りやすい楽曲が並んでいます。
アレンジの完成度、メンバーの演奏力、など充分な実力を感じさせるもので、世界的にもヴァイブ・サルサ最高峰のグループと言えるでしょう。 聴いて踊って楽しめるお薦めのアルバムです。